SIRIUS レビュー 独自特典

SIRIUS(シリウス)で簡単ホームページ作成

SIRIUS。おおいぬ座の名を冠した、ホームページ作成ソフト。

 

このサイトでは、毎月7万程度をサイトアフィリエイトで得ている「とりさん」が、

SIRIUSを使い倒したところから得た感触をレビューすると共に、

このソフトの「使えるところ」「使えないところ」をしっかりレビューします。

 

万能ソフトのように喧伝されていますが、決して万能じゃありません。

新しく追加された「デザイン機能」など、とても完成度が高いとは言えませんし。

 

しかし、少なくとも、ホームページビルダーやDreamweaverを使うよりも

効率よく「稼げる」サイトを作れるのが、SIRIUSである、ということだけは、

私、とりさんは断言します。

 

あなたがまだサイトアフィリエイトで月2万程度しか稼げていないのであれば、

SIRIUSを手に入れ、またとりさんからの独自特典を手に入れることで、

少なくとも今の私と同じ領域まで辿り着くことは全く簡単なことです。

 

SIRIUSは簡単でありながら高機能です。

SIRIUSで作られるホームページは、そもそもSIRIUSがテンプレートというものを採用していることから、ある程度は外観は似通ったところが出てきます。もしあなたが、世界で1つしかない個性的なページを作りたい、というのであれば、SIRIUSは候補から外した方が良いでしょう。むしろ買うのは、CSSとHTMLとajaxの本と優秀なテキストエディタであって、ホームページ作成ソフトではありません。

 

一般的にSIRIUSがターゲットとしている層は、

 

 

手早く、簡単にサイトを作りたいと思っている

 

人たちをターゲットに考えています。例えば、サイトアフィリエイターなんてその典型だと思います。サイトアフィリエイターの作るサイトは基本的にペラページにどれだけコンテンツを足すか、というようなものの方が存在比率としては多く、それ故に「簡単にサイト量産出来るツール」が求められます。

 

もっとも、独自特典レポートで詳しく述べますが、機械的に生成される記事の自動生成ツールや、リライトツールを使った記事生成がまず通じない、というのは、もう経験者さんであれば大体分かることではないでしょうか。実際これらのツールは、今でも「これこそホンモノ!」的に今でも新作は出ていますが、どれを使っても実は結果は同じです。その理由は、独自特典レポートで述べています。

 

さて、ではサイト量産をしたい層にアプローチするのがSIRIUSだとすると、実は「もったいない使い方」だと言わざるを得ません。というのも、SIRIUS自体は別にペラページ・ペラサイト作成ツールではなく、何階層もあるような情報豊富なホームページを、標準機能のうちで作れるようになっているからです。例えばですが、wordpressなどでは特別にプラグインを入れなければ実施できない、各ページのmeta descriptionの変更、これはSIRIUSではページ作成時にそのページ専用のものを書き込むことが出来ます。要するに、1つの.htmlに対して、1つのmeta descriptionを設定出来ます。同様に、h1タグもページ毎に設定が出来るので、キーワードの設定、という点ではSIRIUSほど「楽で強い」ものはないのです。

 

ただ、キーワードというのは、単に設定すれば良いってものではありません。
どう設定し、記事内でどう配置していくか、タイトルはどうするか。そういったことを勘案して初めて、アフィリエイトサイトとしての上位表示が狙えるのです。

 

「じゃあどうすれば、上位表示が出来るんだ!」

 

今までであれば、被リンクをガシガシ付けるだとか、オールドドメインを使うなどの施策をすれば、それだけで上位表示していた時代もありました。一部の領域では、未だにそれが続いている印象も受けます。しかし、全体の潮流、言い換えると、Googleの潮流として、それらは全て「これからの時代は反映しない」ということを、とりさんは断言します。

 

この「Googleマル秘情報」を含んだ独自特典レポートは、あなたがサイトアフィリエイターとして2014年半ば以降も生き残っていくのには、まず必要になってくるでしょう。この時期にはまた定番のように「サイトアフィリは終わった……」とぼやいて撤退する人たちが、多分ですが市場の半分以上になるでしょう。

 

この独自特典レポートは、内容があまりにセンセーショナルだったため、配布が禁止されました。
ですので、断言だけに留めます。特典としては付けられなくなりました。
上位版を買ってください。私が言えるメッセージは、それだけです。

 

 

独自特典付きでSIRIUS購入する

 

 ⇒通常版を購入する

 

 ☆⇒上位版を購入する